プロポーズより緊張する!?結婚の挨拶仕方

結婚の挨拶に行く際のポイント:お互いの親に相手の情報を伝える

結婚するという事は、当人同士が結婚することをまず二人で決める必要があります。
そして、二人ともが結婚しようと合意した時に初めて結婚へと向けて前進していくのです。
結婚の準備というのは、結婚式の準備や新居の準備というのがあります。
しかし、そんなことよりももっと大事なことをしなくてはなりません。
それが、両親への結婚の挨拶です。

 

これは絶対に欠かすことのできないものではあります。
そしてそれだけではなく、この親への挨拶をすませ了承を得てからでなければ、結婚へと向けて進んでいくことができないのです。

 

もしも普段から家に頻繁に遊びに行き、親に会ったことがあるのであれば、話は早いかもしれません。
とはいえ、きちんと結婚の挨拶をすることは必要です。
もしも、家が遠いなどの事で今までにあったことがないのであれば、もっと大変になります。
そこで挨拶に行く前に、まずは彼女にあらかじめ挨拶に行くことを伝えてもらい、自分の情報を伝えてもらっておくというのもいいでしょう。

 

そうすることによって、どんな人が挨拶にくるのかというのをある程度把握することができるはずです。
そして、彼女が伝えておいてくれた情報を裏切ることのない行動をしなくてはなりません。
それだけではなく、期待されている以上の挨拶にしなくてはならないのです。

 

彼女との一生を決める大事な挨拶です。友人・家族のためにもレストランウェディングを成功させよう
気にいってもらうためには、自分の誠意をしっかりと伝え、安心して結婚を許してもらえるようにしたいものです。

結婚の挨拶に行く際のポイント:挨拶に行く時期

結婚することを二人で決めたら、まず考えなくてはいけないのが結婚の挨拶です。挨拶は、例えどんなにお互いの両親と仲良くしていても、きちんとした形で行いましょう。特に女性を妻として迎える男性は、省略したりせずに行いましょう。万が一女性の両親が海外在住などですぐには行けない場合などは、丁寧な手紙をしたためましょう。その後、いずれご両親とお会いになる際には、挨拶が遅れたことを詫びましょう。

 

挨拶は、一般的にはこれから結婚する、という場合にするものですから、結婚の準備を始める前に行うのが普通です。交際を始めた頃などに、結婚を前提に付き合っていることを挨拶に行くことは構いませんが、それと結婚の挨拶とは別にしたほうが良いでしょう。

 

相手方の都合もありますから、忙しい時期や、不幸があった直後、体調不良の時期などは避けるべきです。妻となる女性によく確かめてから日取りを決めましょう。その際は、あらかじめ結婚の挨拶へ行くことを伝えておきましょう。ドラマなどであるようなサプライズはすべきではありません。

 

男性が気を付けるべきポイントは他にもあります。服装はスーツで、髪もすっきりとカットして清潔で真面目な印象を与えるようなものにセットしましょう。ピアスは外し、時計もあまりに派手なものは控えます。忘れがちなのは靴下。穴あきや汚れ問題は新品を履けば失敗しません。

 

また、地元の特産物などの菓子折りを、手土産として持っていきましょう。