探偵が教えるトラブル解決の手引き

そのまま別れる場合

夫婦間のトラブル、浮気や不仲、そして価値観の相違や将来の計画の不一致などで離婚することもあります。それが一番の前向きな解決策とすると、よく話し合いの場をもって、離婚までの話し合い、財産のこと、子供のことなどを話し合うことになります。

 

離婚した方がずっとよい関係性が保てることもあるでしょうから、むしろあまりもめるよりも早いうちに決断してしまったほうがいいです。いまは離婚式などをするご夫婦も増えているとかで、決して離婚というのは、わるい決断ではないし、お互いの前途を祝い合うということも確かに冷静になればできることでしょう。

 

探偵事務所のシステムは会社にこよって異なるので、よく調べることが肝心です。

 

それまでも紆余曲折は、やはり本人同士ではないと分からないでしょうし、それなりの期間一緒に暮らしてきたのですから未練もあるでしょう。でももし自分で決めたのなら、新しい門出をしようではありませんか。離婚をしても、もし子供を授かる事ができたならそれだけでもその人と一緒にいた意味があったということです。

 

そして別れることになっても、できればいい関係性を続けたい物です。子供がいるのなら尚更ですよね。もし泥沼離婚というのであれば、顔も見たくない、話はすべて弁護士経由、ということもあるでしょう。

 

でももし円満離婚であったら、それはそれでいい関係を持ちながら、将来へつなげることができます。離婚となるとエネルギーがいりますし、大変ですが、大事な自分の将来のためにしっかりけじめをつけておきましょう。

自分の権利のため

離婚も出来たら円満離婚が一番いいというのは分かっています。でもそうもいかないことは世間をちょっとみてみれば分かることです。財産や子供の親権を巡って泥沼の裁判を繰り返すかつては愛し合っていた、また夫婦であった男女の姿をみるにつけて、ちょっとここまで関係がこじれるとやっかいだな、と外部の人々は思ってしまいます。

 

でも自分の将来のためには、お金も子供も大事です。その権利を巡るのですし、ちょっとでも和解したらまったく桁違いのお金や慰謝料しかないという事を考えると、必死になって裁判をする気持ちも分からなくもないですよね。そして自分の権利が子供の権利や養育費に繋がるとしたら必死です。

 

離婚の原因が相手にある場合は、やはり自分には非がないのに、相手が悪いということになりますので、それだけの慰謝料や権利は貰わないと困るという主張は確かに正しいでしょう。でも相手のほうにしてみれば、結婚して様変わりしてしまった配偶者にちょっとうんざりしてしまったということもあるのかもしれません。

 

つまりは自分の権利の為、将来の為に離婚時にしっかりとした話し合いなどをしておかない限り、その争いはずっと続くことになるのです。傷を最小限にするためにも、まずは冷静になって、仲介してくれる人、弁護士などをたてて、話し合いましょう。

 

こじれてしまった関係は、修復するのは不可能です。なるべく話を早くすすめるためには、こうした法律にのっとって話し合いをするのがいいでしょう。